本当は怖い市販薬を調べる為のお助けサイト

セルフメディケーション

市販薬は成分や副作用、飲み合わせ、使用法の難易度などの項目によって3グループに分けられ副作用のリスクが少なくて使用法も難しくないものを薬剤師の他に登録販売者も販売出来るようになりました。
スーパーやホームセンターなどでも風邪薬や鎮痛剤、整腸剤などを見たことがあると思います。この制度は国民のセルフメディケーションを手助けする為に作られました。
市販薬をうまく使って健康管理を意識して行う時代に入ったのです。これまで以上に健康状態を知る事と市販薬の正しい知識を持つことが必要なのです。
薬は病院で医師から処方される医薬品と薬局、ドラッグストアなどで販売する一般用医薬品が有ります。
病院で医師から処方される医薬品は患者の症状に合わせて処方されるため、効き目や副作用が強いものも多いです。
慎重に扱う必要が高く、病院を通さずに購入することは不可能です。
一般用医薬品は市販薬であり、国民が薬局などで自由に購入することが出来ます。
自分の判断で服用することを前提として作られていて、安全性、有効性を重視して成分や量が決められています。
今まで病院を受診しなければ手に入らない成分の中で、使用実績と少ない副作用と高い安全性を持つ医薬品が有ります。
医師の診断と処方が必要な医薬品から国民の自己判断で使える医薬品にスイッチ(転用)された市販薬の事をスイッチ市販薬と呼びます。
スイッチ市販薬は一般用医薬品では馴染みのない成分が含まれている為、薬剤師が対応する第一類医薬品になっています。

薬の基礎知識

薬局、ドラッグストアなどで購入できる市販薬を活用して身体の不調の際に早期に回復を図る事をセルフメディケーションと言います。 日常生活で無意識で何気なく実践されていると思います。2009年から薬剤師と一緒に登録販売者が薬局、ドラッグストアなどで国民を支える仕組みが始まりました。薬事法が改正されたのです。

第一類医薬品の今後

第一類医薬品の市販薬は販売後4年の調査を実施し、評価の結果によって登録販売者も扱える第二類医薬品などに変更することも有ります。 今は胃腸薬、風邪薬、水虫薬など様々で今後も増えていくと思われます。使用上の注意をよく聞いて正しく服用しなければなりません。

セルフメディケーションの第一歩

セルフメディケーションを効果的に行うためにはまずは、健康状態を把握することです。 定期的に体重や体脂肪、血圧などをチェックしたり健康診断で確認し、良くない結果が出た時は改善することが大事です。 健康管理の意識を高めることがセルフメディケーションの第一歩です。

トップへもどる