本当は怖い市販薬を調べる為のお助けサイト

>

第一類医薬品の今後

発汗や嘔吐、頭痛が起きる事が有ります。

麻黄湯は気管支炎や解熱剤として使われる漢方ですが、チーズと麻黄湯を一緒に飲むと急激に血圧が上がり致命的な高血圧になる事が有ります。
高血圧の人は注意が必要な漢方薬です。
焼き魚と痛風の薬も一緒に飲むと危険です。高タンパクな食べ物は尿酸を抑える効果を阻害します。
まだまだありますが、薬と食事を飲むのは注意が必要です。
果物や野菜の薬の食べ合わせも有ります。
グレープフルーツと高脂血症の薬も一緒に飲むと危険です。
高脂血症はコレステロールや中性脂肪が多すぎる病気で動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞に繋がりますが、グレープフルーツの効果で薬の吸収力が10倍以上にもなる事が有ります。
キャベツと血を固まるのを防ぐ薬を一緒に飲むと薬の効果がなくなる事が有ります。この薬はビタミンKと相性が良くありません。ブロッコリー、小松菜なども同様です。

咳、痰の役割

咳が止まらないとつらいですね。咳1回で体力消耗しますが、体にある異物を全力で出す行為です。
痰も同様です。ただ鼻炎やがんでも咳が出ることが有ります。症状が長く続いたら自己判断は危険です。医師に相談すべきです。
風邪薬は実は風邪を治しません。風邪のウイルスは200種類以上と言われており、風邪薬はあくまでも症状の緩和でしかありません。
市販の風邪薬が有効なこともあります。急性の風邪の時です。状況次第では悪化する前に病院へ行くべきです。
ストレスなどで胃が痛い人がいます。市販の胃腸薬を飲む方も多いと思います。胃に起こる不快感の緩和が効果です。
立っていられないほど痛かったり、継続的に痛い場合は胃潰瘍や胃のポリープの可能性もあります。早急に病院に行く必要が有ります。


この記事をシェアする

トップへもどる