本当は怖い市販薬を調べる為のお助けサイト

>

セルフメディケーションの第一歩

市販薬が適しないケース

便秘にも色んなタイプがある事が分かっています。
二次的に便秘になった時に市販薬は効果がない事が有ります。具体的にはヘルニアや大腸がん、糖尿病などです。
早急に病院へ診断を受けるべきです。市販薬で効果が有るのは、常習性の便秘です。生活習慣の見直しも大事です。
運動や食物繊維が多い食事や生活リズムを整えるなど薬に頼りすぎない事も大事です。
下痢もしんどいです。不要なものを排除する防衛機能の一つです。下痢止めの市販薬を使うべき時は、急性で感染症では無い時です。例えば飲みすぎ、食べ過ぎ、ストレスから来る下痢、アレルギーによる下痢です。
感染症の場合は、市販薬ではなく病院へ行くべきです。O-157や感染性の腸炎などの時です。

口内炎は栄養素の不足

噛み合わせが悪く口の中が腫れてしまったり、体力低下、ビタミンなどの栄養不足で口内炎が出来ます。
市販薬が適切な口内炎は熱や体のだるさではない口内炎です。
同時にいくつも口内炎が出来たり食事に影響を与える時や長期間の口内炎に場合、別の病気の可能性も有ります。
医師に相談して下さい。
疲労回復にビタミン剤を利用される方も多いかも知れません。
医薬品の場合、神経痛や筋肉痛、関節痛など特定の部位の症状の緩和の効果が有ります。
ただゆっくり寝ても疲れが取れなかった場合は注意が必要です。
病的な疲労の場合は、病院に相談して下さい。
薬の飲み方に関してですが、水か白湯がベストと言われますが、水分に薬を小腸に送る時間を早める効果があるからです。以上が気を付けるべき薬に関する注意点です。


この記事をシェアする

トップへもどる